人気記事

【脱現金】ノエビアスタジアム神戸が完全キャッシュレス化!クレジットカード・楽天Edy・楽天ペイのみが利用可能!

キャッシュレス化が進んでいる中で、面白いニュースが飛び込んできた。

Jリーグのヴィッセル神戸の拠点、「ノエビアスタジアム神戸」はなんと「現金がつかえないスタジアム」になったのだ。

賛否両論があるものの、こういった動きができる楽天はさすがという感じだ。

どうして「現金がつかえない」ようにしたのか

キャッシュレス化といっても通常は、現金と両方が使える事が普通だ。

しかし、飲食店やグッズ売場などで現金を使って物を買うことをできなくしたのだ。

ノエビアスタジアム神戸は、完全に「NO!現金」にしたという事になる。

一体なぜなのか。

やはり一番の狙いは、楽天サービスへの取り込みだといわざる負えない。

例えば、楽天ペイアプリを使って支払った場合はビールなど100円引き。

グッズに関しては10パーセントのポイントバックがある。

楽天カード、楽天Edy、楽天ペイの利用者もそうだが、その先の「楽天サービス」全般にも利用者を増やす事を見据えているはずだ。

楽天市場、楽天トラベル、楽天保険などさまざまなバックエンドの利用者が増える事で、「楽天経済圏」を大きく回せる。

これが大きな狙いのはず。

キャッシュレス化をゴールにせず、キャッシュレス化を上手に使う楽天のマーケティングは非常に素晴らしい。

キャッシュレス化のメリット・デメリットがはっきりわかる!

現金を完全に省いたことで、本当の意味でのキャッシュレス化のメリットやデメリットがはっきりしてきた。

キャッシュレス化のメリット・デメリット

メリット
・入場や買い物の時短、売上向上
・クレジットカードより、スマホ決済の方が支払いが早い
・店舗側の売上計算の時短、ミス軽減
・経費の削減

デメリット
・機械の故障がある場合に対応が必要
・利用者の慣れが必要
・初期投資が必要(機械の導入、サポート要員など)

デメリットのいくつかは、キャッシュレスがうまく回り始めるとどんどん解決されることが多い。

どんなことでもそうだがはじめの一歩は少し時間がかかるのだ。

それでも、キャッシュレス化のおかげで得られるメリットはかなり大きい。

今後この試みはきっと今後のキャッシュレス導入のいい例となるだろう。

ノエビアスタジアム神戸にいくなら楽天カード!

クレジットカード、楽天Edy、楽天ペイのみが使えるノエビアスタジアム神戸。

そこで一番得をするカードはやはり、楽天カードだろう。

楽天カード
総合評価
ブランド
電子マネー
年会費永年無料
入会資格楽天会員登録(無料)をされている、満18歳以上で安定した収入のある方および学生の方(高校生は除く)。
ETC年会費540円(楽天PointClubの会員ランクが、ダイヤモンドかプラチナ会員で無料)
発行期間目安約7日
ポイント楽天ポイント
ポイント還元率1.00%~10.00%
付帯保険国内旅行保険:無
海外旅行保険:最高2000万
ショッピング保険:年間50万円
キャンペーン最大5,000円相当のポイントプレゼント 最大7,000円相当のポイントプレゼント※一週間だけの期間限定最大5,000円相当のポイントプレゼント
※情報には注意していますが、必ず申し込みサイトで内容を確認してください。
  • ポイントの還元率が高い!
  • 審査が早く、カードが手元に届くまでの負担が少ない!
  • 楽天市場でポイント最大3倍!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!公式ページはこちら

クレジットカードで買い物をするにせよ、楽天Edy、楽天ペイで買い物をするにせよ、一番得をするのが楽天カードだからだ。

楽天Edyや楽天ペイのチャージでもポイントが貰え、しかも買い物の際は割引になるのであれば、楽天カードが最良の選択になる。

少しでも得をして、数多くの試合観戦を楽しもう!

まとめ

現金がつかえないという、ある意味キャッシュレスの最終形態での運営をはじめた楽天ノエビアスタジアム神戸。

今後この取り組みを経過をみながら、多くの場所でキャッシュレス化がはじまる可能性が高い。

現金を持ち歩く事にサヨナラする時代も、すぐ近くにきている予感を感じさせるニュースだ。