人気記事

【全ガイド】REX CARD(レックスカード)の申し込み前に!キャンペーンやポイント還元率、審査などをていねいに解説!

2019年4月26日

クレジットカード雑誌の中でもよく「最強のクレジットカード」として紹介されるREX CARD(レックスカード)

知る人ぞ知るカカクコム提携のクレジットカードだ。

CMなどの露出度が高い、楽天カードやYahoo! JAPANカードなどとは違いメディア露出が極めて低いレアカードの一つだ。

それにも関わらずREX CARDは「最強のクレジットカード」としてクレジットカード愛好家の中で人気が高い。

なぜなら、店舗やネットショップに縛られずにポイントをザクザク貯める事ができるからだ。

コストコだろうがガソリンスタンドだろうが利用すれば高ポイントが貰える。

もしあなたも、特定の店舗やネットショップだけでポイントが稼げるようなカードにうんざりしているのであれば、REXカードはおすすめだ。

今回はREX CARDの魅力やメリットやデメリットをわかりやすく解説する。

お得なキャンペーン情報や、驚異的なポイント還元率なども紹介するのでぜひ参考にしてほしい。

REX CARD(レックスカード)を持つのにおすすめな人

REX CARD(レックスカード)がおすすめな人は以下のような人だ。

REX CARDが特におすすめな人

  • ポイント還元率が高いクレジットカードがほしい人
  • お店に関わらずに、ポイントが貰えるクレジットカードがほしい人
  • ポイント利用ではなく、キャッシュバックで支払いを安くしたい人
  • 年会費無料のクレジットカードがほしい人。
  • 海外・国内の両方の傷害保険がついているクレジットカードがほしい人
  • 海外でもつかえるクレジットカードがほしい人。
  • サブカードにもメインカードにもなるクレジットカードがほしい人

リクルートカードと双璧をなす高還元率のクレジットカード。

通常で1.25%ポイント還元率は、一般的なクレジットカードの中でも最高を誇る。

このポイントをJデポ変換すると、利用額の引き落し時にその分が値引きされて引き落しされる仕組みだ。

つまり買い物の際は全て1.25%割引で買える事になる。

とにかく節約したい人には、マストなクレジットカードといえる。

REX CARD(レックスカード)のスペック

早速REX CARDのスペック詳細情報を紹介する。

REX CARD
総合評価

4.8

ブランド
電子マネー
年会費 永年無料
入会資格 日本国内に住む18歳以上の方(高校生を除く)
ETC年会費 無料
発行期間目安 約2週間
ポイント REXポイント
ポイント還元率 1.25%~1.75%
付帯保険 国内旅行保険:最高1,000万円
海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:無し
キャンペーン 最大で5,000円分のJデポプレゼント
※情報には注意していますが、必ず申し込みサイトで内容を確認してください。
  • 買い物、チャージに関わらずポイント1.25%付与の高還元率!
  • 貯めたポイントはJデポでキャッシュバック可能!
  • 年会費無料なのに、付帯保険が素晴らしい!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!公式ページはこちら

一言でいうならスキがない。

クレジットカードに関して、お得とされる年会費無料や、ついていて欲しい付帯が全て揃っている感じだ。

年会費無料でここまでのスペックが揃っているクレジットカードはそうそうお目にかかれない。

最大限キャッシュレス決済で得をしたい人には、第一候補になるクレジットカードだろう。

REXカードの評判や評価

ネット上ではREXカードの評判や評価が散見できる。

SNS上でのREXカードの評判や評価をいくつかピックアップしてみた。

ポイントが引き落としの際の現金値引きに使える事で、節約家の人たちが非常に重宝していることがわかる。

普段使いでゆったり使う人から、ポイント還元率を高めて利用するツワモノまでさまざまだ。

中にはREXカード自体を知らない人もいるようだが、 利用している人の話を聞くと乗り換える人もいるようだ。

反対にポイント還元率の低下にに関しての残念な評価もいくつかある。

1.75%から1.5%、 そして現在は1.25%までポイント還元率が下がってしまった

以前から利用している人からすれば非常に残念な評価をせざる負えないのがわかる。

記者もこれ以上はポイント還元率が下がらないことを祈りたい。

REXカードのメリット・デメリット

それでも少し気になる点もあるので、早速メリットとデメリットをまとめてみた。

REXカードのメリット・デメリットとしてような点があげられる。

REXカードのメリット・デメリット

メリット
・カードの年会費・発行手数料が永年無料
・ETCカードの年会費・発行手数料も永年無料
・ポイント還元率が常時1.25%とクレジットカード最高クラス
・毎週日曜日は還元率1.5%にアップ
・ETCカードの利用でもポイントがつく
・ポイントは変換する事で引き落しに使える(実質現金還元で手数料もなし)
・海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険がついている
・カード盗難保険が付帯
・ネットあんしんサービスが付帯
・「価格.com安心支払い」が使える
・「価格.com安心支払い」を使って買い物をするとポイント還元率1.5%
・モバイルSuicaやSMART ICOCAのチャージでポイントがつく
・レジャー・レストラン・スポーツ施設等、割引や優待がつく

デメリット
・キャンペーンのキャッシュバックは手紙の郵送が必要
・REXポイントは「Jデポ」か「ANAマイル」にしか変換できない
・REXポイントは2,000円毎に25ポイント貯まるので、2,000円未満の端数は切り捨て
・2017年に ポイント還元率1.75%から1.25%に減ってしまった
・Jデポに変換しないと割引がされない
・Jデポにいちいち変換するのが面倒
・Jデポの期限は3ヶ月と短い
・「価格.com安心支払い」は有料
・nanacoと楽天Edyにチャージしてもポイントはつかない
・ショッピングプロテクションがつかない

実際はデメリットよりメリットの方がはるかに多いが、知っておくといざという時に納得がいく。

それではメリット・デメリットを含めて、順を追ってさらに詳しく解説していこう。

REXカードはインターネットからの申し込みのみ

REXカードを申し込む際は、インターネットから申し込みをしよう。

また、上にあるREXカードの詳細のボタンからも、公式申し込みページに飛ぶことができる。

インターネットからの申し込みをすることで、キャンペーンの適用にもなるので必ずインターネットから申し込もう。

REXカードの新規申し込みキャンペーンをチェック

2019年07月のREXカードの入会キャンペーンは以下のようになっている。

最大で5,000円分のJデポプレゼント

このキャンペーンを最大限適用するには、いくつかの条件が必要になってくる。

入会キャンペーン適応条件

  • 「Jリボサービス」の登録で1,000pt
  • 入会と同時に「Jリボサービス」に登録なら更に1,000ポイント
  • REXカードの利用金額に応じて最大3,000ポイント

利用金額でもらえるポイントはエントリーが必要

入会キャンペーンをもらうために、注意する事がある。

「Jリボサービス」に登録してもらえるポイントは、登録すればポイントは確定する。

しかしカードの利用額に応じてもらえるポイントは、事前にエントリーが必要になるのだ。

エントリー方法はREXカードが郵送された際、「ファーストプレゼント」への応募用紙が同封されている

その応募用紙に必要事項を記入して、カード到着から3ヶ月以内に返送が条件

後回しにすると忘れるので、カードが到着して開封したらすぐに記入して返送してしまおう。

せっかく新規入会キャンペーンがあるので、できるだけキャンペーンは狙っていこう。

REXカードは年会費が永年無料

REXカードの大きなメリットの一つが年会費無料な部分だ。

2年目以降ももちろん年会費は無料

持っていても全く損をしないクレジットカードなのだ。

他にも発行手数料や事務手続きの料金なども無料だ。

手数料費用 費用
入会金 無料
発行費 無料
事務手続き 無料
年会費 無料
解約手数料 無料

クレジットカードに年会費を払いたくないのであれば、REXカードはその部分の条件をクリアしている。

ETCカードも年会費無料

クレジットカードの年会費同様に、ETCカードの年会費も無料だ。

「2年目以降は・・・」「1回でも利用すれば・・・」などの条件もない。

もちろん発行手数料も無料なので、クレジットカードとETCカードの発行には全く料金がかからないのだ。

REXカードは、VISA、MasterCardから選べる

REXカードについている決済ブランドは、VISA、MasterCardの2つ。

以前はMasterCardは選べなかったが、2018年からMasterCardが選べるようになった

VISAだけでも、日常十分カバーできるのは間違いないが筆者はマスターカードおすすめする

理由は3点

・限定特典やキャンペーンが充実している
・スマホ決済と相性がいい
・コストコなどで利用が可能

クレジットカードとして利用するのであればVISAで問題ない。

しかし付加価値を考えるとMasterCardの方が使いやすいのだ。

特に電子マネーやスマホ決済のチャージでもポイントがつくREXカードと相性は抜群といえる。

どうしてもVISAブランドを使う必要がある以外はMasterCardを選ぼう。

REXカード最大のメリットは、支払い場所を選ばないポイント還元率!

REXカード最大のメリットはやはりポイント還元率の高さだ。

通常のクレジットカードは、ほとんどの場合ポイント還元率は0.5%が基本だ。

楽天カードYahoo JAPAN!カードはその倍の1.0%で、この時点で高還元率カードといえる。

しかしREXカードは、その上を行く1.25%のポイント還元率を実現している。

ポイント還元率はクレジットカードの中でも最高クラスといい。

クレジットカードを利用するだけでこのポイントがもらえるのは非常に素晴らしいのだ!

ポイントを貯める方法

REXカードを利用してもらえるポイントは「REX POINT(レックスポイント)」だ。

REXポイントをもらうためには以下のような方法がある。

REXポイントをもらう方法

  • REXカードを店舗、ネットで利用する
  • 電子マネーはスマホ決済で利用、またはチャージする。

ポイントを稼ぐために重要になってくるのが電子マネーやスマホ決済へのチャージだ。

個人的にはiDやQUICPayといった、いわゆるチャージの必要のないポストペイ型の方が面倒が少ない。

しかしチャージ型の電子マネーはスマホ決済を使うと、ポイントを何重取りもできる可能性がある

ポイント獲得が命の人は、チャージ型の方が良い場合が多い。

しかし最近はチャージにクレジットカードを利用しても、クレジットカードのポイントが付かないことがほとんど。

そのためチャージをしただけでポイントがもらえるのは非常に貴重なのだ。

REXカードが主な電子マネーやスマホ決済でチャージできるのか、ポイントがつくのか表にまとめた。

電子マネー・スマホ決済 チャージ ポイント付与
モバイルSuica
SMART ICOCA
Kyash
Origami Pay
楽天Edy
nanaco
WAON
PASMO
PayPay
LINE Pay

交通系電子マネーの中で最も使われているSuicaにチャージでき、ポイントがもらえるのは非常に大きい。

オートチャージはできないが、かなりのポイントを稼ぐことができる。

残念なのはnanacoとの連携だろう。

チャージ自体はできるがポイントがつかない。

nanacoは自動車税などの公共料金も支払えるために、チャージをしてポイントもらった上で支払うとお得になるからだ。

nanacoで得をしたい場合は、 セブンカードプラスやリクルートカードを利用する事をおすすめする。

nanacoに関しては以下のページに詳しく書いてあるので参考にして欲しい。

カード年会費、キャッシング利用でもポイントは付与されないので覚えておこう。

ポイント付与の計算方法

このREXポイントは、 1円につき1.25ポイントではなく、2,000円ごとに付与される少し変わった計算をする。

REX POINT 2,000円=25ポイント

ポイントの端数は切り捨て

2,000円で25ポイントということは、1,999円の場合はどうだろうか?

残念なことに、1,999円分のポイントは切り捨てとなってしまう。

例えば3,999円の買い物をした時約25ポイント分損をしてしまう事になるのだ。

「えー!?何それ!損しすぎ!」 という声が聞こえてきそうだが、実はそれほど損をしない仕組みになっているのだ。

毎回の買い物ではなく、月額利用料金で計算

買い物ごとに端数は切り捨てになった場合は非常に問題がある。

なぜなら1,999円以下の買い物をした場合は、毎回ポイントが全くつかないからだ。

何のためにクレジットカードを選んだのかが分からなくなる。

しかし、REXカードは月の利用金額全体に対して1.25%のポイントがつく

そのため1回ごとの金額を気にすることはないのだ。

あまりよくわからない人は下の表を見てもらえれば理解して頂けると思う。

ポイント付与の方法 利用条件 ポイント付与数
一回の買い物毎にポイント付与の場合
1,999円×30日=59,970円
0ポイント
月額利用金額にポイント付与の場合 約725ポイント(約25ポイントマイナス)

毎回の買い物ごとにポイントが付くのか、月額利用料金で計算されるのかで大きく変わってくる。

REXカードの場合は、最大でも約25円しか損がでないという事なのだ。

それだけであれば許容範囲といっていいだろう。

これで少しは安心していただけたはずだ。

REXポイントは、「Jデポ」か「ANAマイル」に変換可能

たまったREXポイントは、JデポかANAマイルに交換できる

Jデポとは、ショッピング利用金額から、Jデポ/Jデポモバイル金額を差し引いて値引きしてくれるシステム

例えば、3,000円分のJデポがあれば、REXカードの利用金額からその分を割り引いて引き落しされる。

つまり、3,000円浮いてしまうわけだ。

REXポイントは、1ポイント=Jデポ1円分の価値がある。

ためればためるほど、支払いが安くなるのだ!

その他にもANAマイルとの交換もできる。

注意点としては、1,500ポイントごとの交換なので 最低でも1,500ポイントは貯めないと変換できない。

変換の情報を以下の表にまとめた。

REXポイントの交換 交換可能ポイント数 変更ポイント数
Jデポ 1500pt毎 Jデポ1,500円分
ANAマイル ANAマイル 300マイル

この表から考えると、ANAマイルに変換するよりJデポに変換した方がお得なのがわかって貰えるはずだ。

たまったREXポイントはJデポに変換することを強くおすすめする!

REXポイントからJデポの交換方法

REXポイントから一番得をするJデポへの変換手順は以下のようになっている。

Jデポへの変換方法

  1. 「インターコムクラブ」にログイン
  2. トップ画面左の「商品引換のご案内」をクリック
  3. レックスポイントをJデポに交換
    例:レックスポイント(1,500ポイント)→Jデポ(1,500円分)に交換
  4. ポイントの交換が済むと「Jデポのご案内」というメールとはがきが届く
  5. カード請求額からJデポ分が引かれ請求
    例:ご利用代金10,000円ーJデポ1,500円分=請求代金8,500円

作業時間としては1分から2分程度で終わるので、さほど苦ではない。

ただこのポイント変換が自動で行われてもらえると非常に楽だ。

今後自動変換が実装されることを期待したい。

REXポイントの有効期限は獲得月から2年間

REXポイントの有効期限は、獲得月から2年間有効だ。

意外に長いと思っていると、変換する機会を逃してポイントが失効してしまう可能性もある。

変換できるポイント数を獲得している場合は、どんどん ポイントを変換してしまおう!

「JACCSモール」利用で、還元率が1.75%以上に!

ジャックスのインターネットショッピングモール、「JACCSモール」を利用するとさらにお得になる。

REXポイントは1.25%の還元率で変わらないが、 その他に0.5%から12%のJデポが貰えるのだ。

利用シーン ポイント還元率 Jデポ還元率 合計還元率
通常ショッピング 1.25% 1.25%
ネットショッピング
(JACCSモール経由)
1.25% 0.5%以上 1.75%以上
通常ショッピング
(リボルビング払い)
1.75% 1.75%
ネットショッピング
(JACCSモール経由&リボルビング払い)
1.75% 0.5%以上 2.25%以上

ネットで買い物をする時は、JACCSモールを経由して買い物をしよう

リボ払いは、できる限りさけよう

上の表の中に「リボルビング払い」の時のポイント還元率が含まれている。

数字だけを見るとポイント還元率が通常よりも高い

「リボルビング払いの方がお得じゃないか!」 と思うかもしれないが待ってほしい。

確かにポイント還元率は上がるが、それ以上にリボによる金利が高いため、逆にポイント還元率が大幅下がってしまうのだ。

確かにリボルビング払いは便利だが、ポイント還元率を考えればリボルビング払いはしない方がいい。

JACCSモールで利用できる店舗

REXカードを使ってネットで買い物をする時にお得なJACCSモール。

参加している店舗も多く、約500店舗以上も店舗に経由し利用できる

一部ではあるがいくつかの店舗を抜粋しておく。

項目 店舗名 Jデポ付与ポイント
通販 Amazon 0.50%
楽天市場 0.50%
LOHACO 1.50%
Yahoo!ショッピング 0.50%
ヤフオク! 0.50%
スーパー イトーヨーカドーネットスーパー 1.00%
セブンミール 1.00%
ドラッグストア マツモトキヨシ 2.00%
爽快ドラッグ 2.00%
通信 iTunes Store 1.00%
Apple公式サイト 0.50%
トラベル じゃらんnet 1.50%
楽天トラベル 1.00%
エクスペディア 3.50%
Booking.com 3.50%

REXカードを日曜日に利用すると1.5%ポイント還元に!

REXポイントを稼ぐのにもう一つ覚えておいてほしいサービスがる

それは毎週日曜日に利用するとポイントが1.25%から1.5%に上昇するサービスだ。

このポイント上昇率は非常に大きい!

支払いはチャージなどは、日曜日にまとめて行うとさらにポイントを稼ぐことができる。

「REXカードを使うのであれば、日曜日」とおぼえておこう。

REXカードは、電子マネーやスマホ決済と相性がいい

今までにいくつか説明したが、REXカード様々な電子マネーはスマホ決済に利用できる。

もちろんApple Payにも対応している。

嬉しいのはGoogle Payにも対応している事だ。

Google Payの「QUICPay」が使えるクレジットカードは数が少ない。

REXカードは、その少ないクレジットカードの中の一つなのだ。

Google Pay使いの人はREXカードを利用する事で大きくポイントを稼ぐことができるのだ。

Apple PayとGoogle Payに関しては以下のページで詳しく説明しているので参考に。

REXカードの旅行傷害保険が凄い!

REXカードの最大のメリットはポイント還元率の高さではあるが、実は付帯されている旅行傷害保険が凄いのだ。

まず年会費無料のクレジットカードで、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付いているのは貴重といえる。

そして注目すべきはその補償内容だ。

特に国内旅行傷害保険に関しては、入院、通院、手術費用まで補償してくれているのだ!

これはゴールドカード以上のものしかつかないような内容

これが年会費無料でついてくるのは本当に驚きなのだ!

各補償条件をまとめたので、確認してほしい。

海外旅行傷害保険の補償内容

補償項目 保険金額 補償する場合
傷害死亡 最高2,000万円 偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に亡くなられたとき
後遺傷害保険金 80~2,000万円 偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に後遺障害を生じたとき、その程度に応じて
傷害治療費用 最高200万円 事故の日を含めて180日以内に偶然な事故によるケガが原因で医師の治療を受けられたとき
疾病治療費用 最高200万円 疾病が原因で旅行期間終了後48時間以内に医師の治療を受けられたとき、または特定の伝染病が原因で14日以内に医師の治療を開始したとき
賠償責任 最高2,000万円 他人の身体の障害または他人の財物の破損または紛失について法律上の賠償責任を負ったとき
携行品損害免責(3,000円) 
1旅行かつ1年間の限度額
最高20万円 携帯品が盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けたとき
救援者費用 
1年間の限度額
最高200万円 捜索救助等が必要になった場合

REXカードに付帯されている海外旅行傷害保険は「自動付帯」

いわゆる「持っているだけ」で保険の適用となる優れた付帯サービスだ。

これが1枚あるだけで、補償額が上乗せされるので非常にありがたいのだ。

海外旅行傷害保険に関しては、以下のページに詳しく説明しているので参考にして欲しい。

国内旅行傷害保険の補償内容

REXカードに付帯されている国内旅行傷害保険は「利用付帯」

条件が以下のように設定されている。

カードの本人会員および家族会員、会員の配偶者、生計を共にする同居の親族および別居の未婚の子で旅行にかかわる交通費や宿泊費をカード決済した者のみが対象

ツアー代金や公共交通機関を利用した際に、クレジットカードを利用した支払いをした本人のみが受けられる保険という事になる。

例えば旅行の同伴者などが怪我をした場合などには適用されない

それでも入院、通院、手術費用をカバーしてくれるクレジットカードは本当に少ない

それが年会費無料で持てるとなると、本当に心強いのだ。

これだけでもREXカードが欲しくなる理由として十分だろう。

国内旅行傷害保険に関しては以下のページに詳しくまとめてあるので参考にして欲しい。

REXカードの支払に関してのまとめ

REXカードの支払いに関しての情報を解説していく。

スペックと同様に重要な部分もいくつかあるので確認してほしい。

最大利用限度額

公式サイトには利用枠の「最大利用限度額は200万円」とされている。

しかし、この上限は事情によって大きく変わる可能性がある。

REXカードを作っていきなり200万円の利用額は不可能に近い。

場合によっては審査に落ちてしてしまう可能性もあるので、申し込みの際にはやんちゃしないようにしよう。

締め日と支払い日

REXカードの締め日と支払い日は以下のようになっている。

毎月月末で締め切り、翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)に指定の口座より引き落とし。
(事務上等の都合により、翌々月以降のご請求となる場合がある)

Jデポが設定されていれば、引き落としの際に割り引いて引き落とされる。

支払い方法

REXカードの支払い方法は以下の方法がある。

支払い方法

  • 1回払い
  • 2回払い
  • その他分割(3・6・10・15・20回払い)
  • ボーナス一括払い
  • リボ払い

1回払いと2回払い、ボーナス一回払いは金利手数料がかからない。

2回払いに金利手数料がかからないのは非常に嬉しい。

ポイントに関してのところで説明したが、リボ払いはポイント還元率が高くなる。

しかし金利手数料が1.25%かかるため、 実質年率は15%になってしまう

手数料の方がポイント還元率より高くなってしまうので、リボ払いを選択するのは極力避けた方がいいだろう。

利用明細について

REXカードの利用明細に関しては、郵送とWeb明細サービスの2つがある。

紙での確認が必要な場合はそのまま郵送のサービスが必要だが、Web明細サービスにするとお得な事が。

初回登録時のみだが、100円分のJデポがもらえる

まあ、それほど狙う必要もないがWeb明細の方がすぐに明細を確認できて便利だ。

どうしても必要な場合以外は郵送はやめてWeb明細にするといいだろう。

REXカードと他のクレジットカードとの比較

REXカードは、情報の少なさとそのメリットの多さから、他のクレジットカードと比べられることが多い。

特に比べられるクレジットカードは「REX CARD Lite」「リクルートカード」「Reader’s Card(リーダーズカード)」だ。

リクルートカードは、リクルートが発行しているクレジットカードでこちらも高還元率で人気のクレジットカードだ。

このサイトでもリクルートカードに関して詳しく解説している。

「REX CARD Lite」と「Reader’s Card(リーダーズカード)」はともにJACCSが発行。

しかし、「REX CARD Lite」は「REX CARD」と統合した為に、現在は入会募集はしていない。

どのクレジットカードもポイント還元率は高く、スペックも非常に優秀なため、比較したくなるのはよくわかる。

そこで3つの「3R」カードを比較してみた。

選ぶ際に是非参考にしてほしい。

各比較項目 REX CARD
(レックスカード)
Reader’s Card
(リーダーズカード)
Recruit Card
(リクルートカード)
年会費 永年無料 2,700円(初年度無料)
※次年度は年間30万円以上の決済で無料
永年無料
ETCカード 年会費:無料
発行手数料:無料
年会費:無料
発行手数料:無料
年会費:無料
発行手数料:Mastercard/Visaは1,000円、JCBブランドは無料
家族カード 年会費:無料
発行手数料:無料
※3枚まで発行可能
年会費:432円(初年度無料)
※年合計50万円以上利用で翌年度無料
発行手数料:無料
※3枚まで発行可能
年会費:無料
発行手数料:Mastercard/Visaは1,000円、JCBブランドは無料
※発行可能枚数:19枚(JCBは8枚)
ポイント還元率 1.25% 1.25% 1.20%
チャージでのポイント対象 モバイルSuica、SMART ICOCA、Kyash、Origami Pay モバイルSuica、SMART ICOCA、Kyash、Origami Pay モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyチャージ、nanaco、Kyash、Origami Pay
※ただし、合計金額30,000円までポイント付与対象
付帯保険 海外旅行傷害保険:最大2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最大1,000万円(利用付帯※)
ショッピング保険:無し
※入院・通院・手術費用もカバー
海外旅行傷害保険:最大2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最大1,000万円(利用付帯※)
ショッピング保険:無し
※入院・通院・手術費用もカバー
海外旅行傷害保険:最大2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険:最大1,000万円(利用付帯※)
ショッピング保険:最大200万
※入院・通院・手術費用は無し

公式サイトからデータをまとめてみたが、各クレジットカードの差は本当に僅差といっていい。

筆者も調査をしていて逆に迷ってしまうくらいの差だ。

あえて順位をつけさせてもらうとすれば以下のようになる。

3Rクレジットカードの順位

  1. REXカード・・・各年会費無料でバランスがいい
  2. リクルートカード・・・各年会費無料でポイント付与の機会が多い
  3. リーダーズカード・・・各年会費が有料でバランスがいい

どんな状況であっても年会費無料は大きなメリット。

それを基準に考えるとREXカードがいいと考える。

しかし本当に微妙な差のものが多いので、自分がどれが一番得をするかで最終的には判断してほしい。

REXカードの審査について

レックスカードの入会条件は以下のようになっている。

年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方
※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。

以上の条件を満たしていれば申し込みは可能になる。

審査自体は厳しめ

株式会社ジャックスはクレジットカードやカードローンを主な事業としている信販会社だ。

そのため、「信用力」に関して非常に重きを置いている可能性が高い。

筆者も様々なクレジットカードを利用してきたが、JACCSカードは何度か審査を通過しなかった。

(もちろん、筆者にも問題はあったのだが・・・)

これらを踏まえて総合的に考えると、無職の人は申し込みは諦めた方がいい。

専業主婦の人も同様に厳しいだろう。

欲しい場合は自分の配偶者または親に家族カードを発行してもらおう。

審査に関しては以下のページで詳しく説明してあるので不安な場合は参考にどうぞ。

REXカードのデメリット

次にいくつか考えられるREXカードの注目すべきデメリットに関していくつか解説していこう。

人によってはデメリットではない場合もあるが、知っておくことで後々後悔することは少ない。

ポイント還元率が1.75%から1.25%ダウン

ネット上でも多く散見できる非常に残念な改正だ。

今までは1.75%ついていたのが、現在は1.25%にダウンしてしまった

ただ、ポイント付与のパーセンテージダウンはREXカードに限ったことではない。

ほとんどのクレジットカードで行われている措置といっていい。

そのため、REXカードのポイントがダウンしても、結局REXカードのポイント還元率は最高クラスのままということになる。

今後もポイントダウンの流れは続きそうだが、なるべくポイント還元率の維持を頑張ってもらいたい。

REXポイントの使い勝手があまりよくない

REXカードを使ってもらえるREXポイントは、それ自体はあまり使えない

変換先もJデポかANAマイルだけなので、使い勝手がいいとはいえない。

逆に考えれば分かりやすいともいえるが、もう少し自由度があった方が利用者としては嬉しいはずだ。

ポイントの変換が面倒だと感じる場合がある

以前友人複数にクレジットカードを作る時のアンケートを取ったことがある。

その中で多かった意見の一つが、「ポイントを自分で変換することがめんどくさい」というものだ。

場合によってはそれをクレジットカードを選ぶ理由の一つとしている。

人はできるなら貯まったポイントはそのまま使いたいのだ。

Jデポは非常にお得なシステムだ。

ただ、Jデポに変換する手間が、面倒だと感じてしまう場合がある。

「たかがちょっとした手間、されど手間」といったところか。

REXポイントを自動的にJデポに変更するシステムがあると非常に嬉しい。

nanacoと楽天Edyにチャージしてもポイントはつかない

REXカードはかなり多くの電子マネーやスマホ決済のチャージだけでポイントがつく

電子マネーやスマホ決済にチャージをした時にポイントはつくのは非常に嬉しい。

ただそれが全てではないのが非常に残念だ。

電子マネーの中では利用頻度が多いnanacoと楽天Edyのチャージでポイントがつかないのは少し残念。

REXカードの知っておくと安心な情報まとめ

REXカードに関して、知っておくと少し安心できる情報がいくつかあるのでまとめてみよう。

REXカードを紛失・盗難された場合

REXカードを紛失してしまった、または盗難されてしまった場合はすぐに以下に連絡しよう。

ジャックスカードの紛失・盗難専用ダイヤル(24時間/年中無休)
ジャックス カードセンター
国内電話番号:0120-996-211
海外電話番号:81-3-6758-0707

すぐにクレジットカードを止めもらい、新しいREXカードを再発行してもらおう。

REXカードの暗証番号を忘れた場合

暗証番号を忘れた場合は、2つの方法で確認・再設定できる。

暗証番号の確認方法

  1. インターコムクラブの登録内容の変更で手続きを行う
  2. ジャックス・カスタマーセンターへ電話する

ジャックス・カスタマーセンターの電話番号は

ジャックス・カスタマーセンター
東京:0570-002277
大阪:0570-005599
受付時間:24時間受付(毎週土曜23:00〜日曜8:00を除く)

暗証番号以外の質問もこちらに電話しよう。

IDやPASSを忘れて会員サイトにログインできない場合

REXカードを再発行したときに、IDやPASSを忘れて設定できない事がある。

その場合は、「インターコムクラブ サポートデスク」に連絡しよう。

すぐに対応して貰えるはずだ。

インターコムクラブ サポートデスク
受付時間:平日9:30~17:30
電話番号:046-233-1935

まとめ

年会費無料のクレジットカードの中では、破格のスペックを持っているREXカード。

今後さらに復旧するキャッシュレス化の波に伴い、さらにお得に買い物を楽しむため注目度が増してくるのは間違いない。

国が動いている消費税の緩和策としてのポイント還元を考えると、さらにポイントの還元率が上がる可能性もある。

今後の事を考えてもREXカードは、今一番持っておきたいクレジットカードの1枚といっていいだろう。

REX CARD
総合評価

4.8

ブランド
電子マネー
年会費 永年無料
入会資格 日本国内に住む18歳以上の方(高校生を除く)
ETC年会費 無料
発行期間目安 約2週間
ポイント REXポイント
ポイント還元率 1.25%~1.75%
付帯保険 国内旅行保険:最高1,000万円
海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:無し
キャンペーン 最大で5,000円分のJデポプレゼント
※情報には注意していますが、必ず申し込みサイトで内容を確認してください。
  • 買い物、チャージに関わらずポイント1.25%付与の高還元率!
  • 貯めたポイントはJデポでキャッシュバック可能!
  • 年会費無料なのに、付帯保険が素晴らしい!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!公式ページはこちら