人気記事

Yahoo!カード(Yahoo! JAPANカード)のポイント付与が凄い!申し込みを躊躇してる場合じゃない!

2019年4月21日

一言いいたい。

「あなたは、まだYahoo!JAPANカードを持っていないのか?」

もしこの記事を何度も読んでいるなら、その時間を申し込みに割り当てた方がいい。(本末顛倒)

躊躇している場合ではないのだ。

スマホ決済やキャッシュレス化が進む中、クレジットカードを持つ重要性はかなり高まってきてると言える。

その中で今一番注目されるクレジットカードが、Yahoo! JAPANカードだ。

Apple Pay、Google Pay、電子マネー各種において、最も柔軟で使勝手のいいクレジットカードでもある。

特にポイントの還元に関しては、クレジットカードにあまり詳しくない知人でさえ、「ぶっ壊れすぎ」と言う程だ。

今回は、そんなYahoo! JAPANカードの実力を紹介していく。

年会費、ポイント還元率、海外旅行保険、スマホ決済や審査まで、さまざまな情報をピックアップしていこう。

他のYahoo! JAPANカードやPayPay(ペイペイ)の情報は以下のリンクで確認してほしい。

Yahoo! JAPANカードがおすすめな人

Yahoo! JAPANカードがおすすめな人な人は以下のような人だ。

Yahoo! JAPANカードが特におすすめな人

  • Yahoo!ショッピングなどのYahoo!サービスを使っている・使いたい人。
  • Tポイントを少しでも多くためたい人。/li>
  • PayPayの利用で得をしたい人。
  • Softbankユーザー。
  • 年会費無料のクレジットカードがほしい人。
  • 海外でもつかえるクレジットカードがほしい人。
  • サブカードにもメインカードにもなるクレジットカードがほしい人

毎日のようにポイントアップのクーポンなどのメールが届く。

その際Yahoo! JAPANカードで支払いをすると、さらにYTポイントがザクザクたまるのだ。

また、噂のスマホ決済PayPayで、唯一チャージができるクレジットカードでもある。

スマホ決済でPayPayにチャージしてポイントを稼ぎたい場合は必須といえるクレジットカードだ。

Yahoo! JAPANカードのスペック

Yahoo! JAPANカード(YJ Card)
総合評価

4.5

ブランド
電子マネー
年会費 永年無料
入会資格 原則として年齢18歳以上の人(高校生は除く)。また、Yahoo! JAPAN IDを取得可能な人
ETC年会費 500円(税別)
発行期間目安 約7日
ポイント Tポイント
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険 国内旅行保険:無
海外旅行保険:無
ショッピング保険:年間100万円
キャンペーン 特になし
※情報には注意していますが、必ず申し込みサイトで内容を確認してください。
  • 最大10,000円分のポイントが貰える!
  • Sucicaやnanacoのチャージでもポイント獲得が可能!
  • Yahoo!ショッピング利用で、還元率が30倍以上になる事も!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!公式ページはこちら

さまざまなメリットがあるが、分かりやすく言えば、「年会費が無料で、ポイントの還元率が非常に高い」

これに特化しているのだ。

後半にデメリットの説明もするが、それを差し引いてもメリットの方があまりにも多く、使わずにはいられなくなるクレジットカードだ。

Yahoo! JAPANカードの特徴

それでは、Yahoo! JAPANカードの特徴を説明していこう。

Yahoo! JAPANカードの年会費

おそらくユーザーにとって一番嬉しいのが年会費無料だ。Yahoo! JAPANカードは、永年年会費無料。

クレジットカードでよくある初年度無料とは違う。

そのため、持っているだけであってもユーザーにとって、実害はないと言える。

ただ個人的には、Yahoo! JAPANカードを使わない事こそ大きなデメリットになると考えている。

ETCカードを発行した場合は、年会費がかかる

Yahoo! JAPANカードに付帯しているETCカードを発行した場合は、年会費500円(税別)がかかる

楽天カードもETCカードは年会費がかかるが、「会員ランク」などで無料にすることもできる。

しかし残念なことに、Yahoo! JAPANカードに付帯しているETCカードの年会費は、無料にすることはできない

ETCカードを発行しなければならない場合は、ここはデメリットになるが、ETCカードを発行しなければ特に問題はない

またETCカードを発行したとしても、年に5万円以上使うだけで、ETCカードの年会費分のポイントでペイできる

公共料金などYahoo! JAPANカード支払っていれば、簡単に獲得できるポイントでもある。

しかも、この5万円の計算は、あくまでポイントが1%の計算だ。

ポイント還元率が2〜3倍以上の時が頻繁にあるので、その時に提携店やYahoo!ショッピングなどで買い物をするだけで、元を取るための金額はぐっと下がる。

このように見れば特に大きなデメリットにはなりづらい。

Yahoo! JAPANカードのポイント還元率

やはりYahoo! JAPANカードといえば、ポイントの還元率の高さが最大の魅力。

Tポイントを貯めるクレジットカードとしては最強と言っていいだろう。

Yahoo! JAPANカードで、Yahoo!サービスを利用した場合(Yahoo!ショッピング、LOHACO)、ポイントは常に3倍!

実店舗での利用の場合、通常、クレジットカードの利用で1%だが、Tカード一体型の場合は、 Tカードとして提示した後に、クレジットカード払いをすれば、常にポイントが2重取りできる。

また、PayPayのチャージでも100円につき1ptポイントがつくので、取りこぼしは無い。

毎月ポイント最大11倍の日が最低3回ある

Yahoo! JAPANのサービス(Yahoo!ショッピングやヤフオク、Yahoo!トラベルなど)、LOHACO、GYAO!を使うと、さらに凄い。

最大ポイント11倍になる日が最低3回もあるのだ

それが以下の手順だ。

還元率を11%にする方法

  • 通常:1%
  • クレジットカード払い:+1%
  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用:+1%
  • 5のつく日:+4%
  • Yahoo!プレミアム:+4%
  • 合計:11%

キーポイントは「5のつく日」「Yahoo!プレミアム」

「5のつく日」、Yahoo!JAPANが行っているサービスで、5日、15日、25日の「5」のつく日には、通常のカード支払いに4%上乗せされる、つまり5倍のポイントが貰えるのだ。

「Yahoo!プレミアム」は、ヤフオクを使う機会もあるなら、知っているかもしれない。

月額462円かかるのがネックだが、とにかくさまざまな特典がつく。

Yahoo!プレミアムのサービス

  • Yahoo!ショッピングでいつでも5倍
  • LOHACOでいつでも5倍
  • 5のつく日に飲食店予約でポイント5倍
  • 5のつく日はホテル・旅館予約で10倍
  • ブックオフで店内の本一冊プレゼント
  • ヤフオク出品時の落札利用料金値下げ
  • ポケットwifi値下げ

この他にも商品の補償や、各サービスを割引を受けられたりとさまざまな特典がある。

正直これで月額462円は安すぎると言っていい。

元はすぐ取れるので、入っておいて損はないだろう。

Yahoo!ショッピングの特典など、以下のページで更に詳しく説明している。

ポイントを何倍にする方法も書いてあるので参考にしてほしい。

ソフトバンク、Y!モバイルユーザーは更に凄い!

これで驚いてはいけない。

友人に「ぶっ壊れすぎだろ」と言わせたのがこのキャリアユーザー特典だ。

ソフトバンク、Y!モバイルユーザーは、さらにポイントが還元されつつ、特典までついてくる。

ソフトバンクユーザーの特典

  1. Yahoo!プレミアムが無料になる
  2. ソフトバンクスマホユーザー限定いつでも+5倍

Y!モバイルユーザー特典

  1. Yahoo!プレミアムが無料になる
  2. Enjoyパック加入でポイント+5倍
  3. Y!モバイルの月額料金をYahoo! JAPANカードで支払うと毎回料金分のポイント+2,000ポイント獲得

両方とも、月額462円は無料になる。

ソフトバンクユーザーの場合は、それだけで更にポイント5%アップ

Y!モバイルユーザーの場合は、Enjoyパックで月額費用500円がかかるが、申し込めば5%上乗せ。そして強烈なのは、3番目。

Y!モバイルの月額料金をYahoo! JAPANカードで支払うだけで、2,000ptが貰えるのだ。

還元率を総合すると、こうなる。

還元率最大化

  • 通常:1%
  • クレジットカード払い:+1%
  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用:+1%
  • 5のつく日:+4%
  • Yahoo!プレミアム:+4%
  • ソフトバンクユーザー特典かY!モバイルのEnjoyパック加入特典:+5%
  • 合計:16%

どうなってるんだ、Yahoo! JAPANカード&Yahoo!ショッピング・・・!

しかも、これでYahoo!ショッピングはLOHACOがセールやポイント還元祭りを行ったら更に上乗せされる事になる。

とにかく、ポイントの貯まり方が半端ないのだ。

ポイントの注意点

話が盛り上がり気味なので、少し注意点を。

特典で貰えるTポイントには、「期間限定ポイント」が含まれている。

これは、ある一定期間のみ有効で、ポイントが反映されてから期限が過ぎると失効される。

そして、そのポイントが使えるのは、Yahoo!ショッピングやLOHACOなど、ネット上のサービのみで、実店舗では使えない

また、期間限定ポイントは、他のポイントへの移行ができない

この点は注意が必要なので覚えておこう。

Yahoo! JAPANカードの提携店

クレジットカードが使えるお店では、問題なく使える。

海外でも、同様だが決済ブランドによって変化してくる。

JCBの決済ブランドを選ぶと、海外での利用には不安があるので、他のカードでVISAやMasterを選んでおくといいだろう。

Tポイントが使えるお店でも利用可能

カード決済やスマホ決済ができるお店以外でも、Tポイントを使えるお店で利用が可能だ。

Tポイントもさまざまな店舗で使えるので、Yahoo! JAPANカードの場合は使えないお店を探すのが難しいくらいだ

以下一部ではあるが、Tポイントが使えるお店を紹介しておく。

ジャンル 店名
コンビニ ファミリーマート、スリーエフ、サークルKサンクス
スーパー マルエツ、マミーマート、富士シティオ、レッドキャベツ、プラッセ&だいわ、ヤオマサ、タウンプラザかねひで、クイーンズ伊勢丹
ドラックストア ウエルシア、ハックドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、ドラッグストアmac、金光薬品、ふく薬品、ハッピー・ドラッグ、ハッピー調剤薬局、ドラッグ・オー
グルメ 吉野家、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、ドトール、エクセルシオール、ロッテリア、牛角、夢庵、グラッチェガーデンズ、藍屋、食べログ、ステーキのどん、大阪王将(18.1~)
車関連 ENEOS、オートバックス、スーパーオートバックス、三井のリパーク、カレコ・カーシェアリングクラブ
ネット通販 ニッセン、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ZOZOTOWN、ネットオフ、TSUTAYAオンラインショッピング
エンタメ TSUTAYA、蔦屋書店、GyaO!、TSUTAYA DISCAS、TSUTAYA TV、Ameba、T-SITE GAME、BookLive!、Yahoo!ブックストア、ネットオフ、復刊ドットコム、BOOKSmisumi、旭屋書店
旅行 yoyaQ.com、阪急阪神第一ホテルグループ、ロッテ免税店、Yahoo!トラベル、Tギャラリア シンガポール by DFS
家電・家具 エディオン、島忠・ホームズ、ジョイフル本田
カメラ カメラのキタムラ、スタジオマリオ、Tプリント
スポーツ アルペン、ゴルフ5、スポーツデポ、PGM、アシックス、オニツカタイガー
ファッション 洋服の青山、THE SUIT COMPANY、ニッセン、Polo Ralph Lauren Factory Store、ファミリア、NEXT BLUE、キャラジャ、HusHusH、SHOO・LA・RUE、コンタクトのアイシティ、メガネのアイガン
複合商業施設 DAIKANYAMA T-SITE GARDEN、T-SITE SHOPPING
その他 ソフトバンク、VIPライナー、シャディ・サラダ館、賃貸情報株、学生マンションのユニライフ、日立チェーンストール、ソフトバンクホークス主催公式戦、滋賀トヨペット、GREEN FUNDING

Yahoo! JAPANカードはポイントの合算が可能

Tポイントカードをいくつか持っている人もいるはずだ。

ならぜなら筆者もなぜか2つ持っている。なぜかは思い出せない・・・

こんな場合でも、Yahoo! JAPANカードはTカード一体型なので、ポイントをまとめる事が可能。

意外に嬉しいメリットでもあるのだ。

PayPayのチャージが可能なのはYahoo! JAPANカードのみ

2018年からサービスが開始されたスマホ決済サービスPayPay。

ソフトバンクとヤフーの合弁会社が運営しているのだが、このPayPayにチャージできるカードは2018年現在Yahoo! JAPANカードのみ

今後普及がみこまれるスマホ決済やキャッシュレス化の流れにのって、PayPayも大きく飛躍しそうなサービスだけに、つかえるクレジットカードは非常に貴重だ。

PayPayについては以下のページで詳しく説明しているので参考にしてほしい。

モバイルSuicaやnanacoのチャージでもポイント付与!

チャージでポイントが付与されるのは、非常に嬉しい。

なぜなら、クレジットカードのほとんどは、チャージでのポイント付与が無いからだ。

チャージ型のスマホ決済で利用頻度の高いモバイルSuciaやnanacoなどは、チャージも頻繁に行う事が多いので、そのたびにポイントが得られるのは非常にお得。

もちろんApple Payでのsuicaやnanacoにもチャージでもポイントは獲得できる。

獲得できるポイントは以下になる。

  • Suicaチャージ・・・100円=1pt
  • nanacoチャージ・・・200円=1pt

Yahoo! JAPANカードの審査は?

最低審査基準は以下になる。

Yahoo! JAPANカードの審査対象原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

これ以外はあまり情報がないのだが、Yahoo! JAPANカードの審査で落ちたという話は個人的に周りではきかない

年収が低くても、安定した収入があれば問題ないはずだ。

審査も最短で2分と、スピードが早い。

審査が通れば、1週間程で手元にカードが届く。

そのときに本人確認の流れになるので、覚えておこう。

Yahoo! JAPANカードの申し込み方法

このページの上下にある、Yahoo! JAPANカードのスペック情報の申し込みボタンか、下のリンクから申し込み画面に行ける。

Yahoo! JAPANカードの申し込み

申し込む際の注意点が一点。

Yahoo! JAPANカードを作るには、必ずYahoo! JAPAN IDが必要になる。

申し込み画面には、すでにYahoo! JAPAN IDを持っている人と持っていない人の申し込みで分かれているので、わかりやすいはずだ。

Yahoo! JAPAN IDを持っているなら左、Yahoo! JAPAN IDを持っていないなら右だ。

Yahoo! JAPAN IDを持っていないと、IDを作る分だけ時間かかるので、少し時間に余裕を持った方がいいだろう。

Yahoo! JAPANカードのデメリット

Yahoo! JAPANカードにもデメリットがある。

Yahoo! JAPANカードのデメリット

  • ポイント付与が遅い時がある
  • ポイントが期間限定の場合がある
  • ポイントは100円以下は掛け捨て
  • ETCカードに年会費がかかる
  • 国内、海外旅行保険がついていない

ポイントがいつつくのわかりづらい

Yahoo!JAPANカードを利用して、Yahoo!のサービスを利用した際、ポイント付与がいつなのかわかりづらい事がある。

どうやら特定の店舗やサービス毎にポイント特典をつける場合、その店舗やサービス毎にポイント付与の期間が違うようだ。

大抵その週の木曜にはつくようだが、大体1週間〜1ヶ月ポイント付与に時間がかかる場合がある。

このあたりはもう少しわかりやすくなるといいと思うが、現状は時間がかかる場合があるという事を覚えておくとイライラせずに済むだろう。

ポイントが期間限定の場合がある

通常Tポイントは1年間が有効期限があるが、カードを利用する度に有効期限は更新されるので、実質無期限といっていい。

ところが、貰えるポイントの中に、はじめから期間限定のものがある。

これはカードを利用した所で、有効期限は更新されないので、その期間で失効される

ポイント獲得の所でも説明したが、クレジットカードでのポイントや、ポイント付与が何十倍になる時は、期間限定のポイントが含まれる事が多い。

購入の際には、ポイントの内訳(通常のポイントと期間限定のポイントの各ポイント数)が出るはずなので、確認しておくといい。

使わずに消えるポイントは非常にもったいないので、使えるポイントは使ってしまおう。

ポイントは100円以下は掛け捨て

おそらくこれが一番のデメリットといえるだろう。

例えば、99円のものをYahoo! JAPANカードで支払ったとしよう。

通常のカードであれば、切り上げが他の支払い料金と合算でポイントがつくのだが、Yahoo! JAPANカードの場合は切り捨てなので、ポイントは0

つまり、100円を超えないと、1万回買い物をしようが、ポイントは0なのだ。

少しがっかりしたかもしれないが、現実には99円の買い物をするというのもあまりないはずなので、そこまで不安にならなくてもいいだろう

100円〜200円の買い物をする時は、注意する程度に覚えておけばOKだ。

国内、海外旅行保険がついていない

これは、デメリットというよりは、ついていたら最高だという話。

年会費無料のクレジットカードは、ほとんどの場合、国内、海外旅行保険はついていない。

ある意味高望みではあるが、年会費無料で国内、海外旅行保険ついているカードもあるので、今後期待したい。

まとめ

Yahoo! JAPANカードのポテンシャルをわかって頂けただろうか。

ここまでポイント獲得に特化したカードも珍しく、また自社サービスとの相性も抜群。

ポイントを無駄なくため、利用できる場の多いYahoo! JAPANカードは、今後キャッシュレス決済においてもスマホ決済においても注目すべきクレジットカードだといえる。

作っておいて損はないカードだ。

Yahoo! JAPANカード(YJ Card)
総合評価

4.5

ブランド
電子マネー
年会費 永年無料
入会資格 原則として年齢18歳以上の人(高校生は除く)。また、Yahoo! JAPAN IDを取得可能な人
ETC年会費 500円(税別)
発行期間目安 約7日
ポイント Tポイント
ポイント還元率 1.00%~3.00%
付帯保険 国内旅行保険:無
海外旅行保険:無
ショッピング保険:年間100万円
キャンペーン 特になし
※情報には注意していますが、必ず申し込みサイトで内容を確認してください。
  • 最大10,000円分のポイントが貰える!
  • Sucicaやnanacoのチャージでもポイント獲得が可能!
  • Yahoo!ショッピング利用で、還元率が30倍以上になる事も!

 

最新情報やキャンペーンをチェック!公式ページはこちら